カードローン

カードローンの審査で通りやすい、借りやすいのはどのようなところ?

カードローンを何社か利用している人や審査に自信のない人が新たに借り入れを検討している時には、審査が緩くて通りやすい、借りやすいカードローンを探しているのではないでしょうか。

審査が甘い、緩いカードローンは存在しませんが、審査に柔軟なカードローンは存在します。そんな審査に柔軟なカードローンの特徴や審査に通るためのコツ、どうしても審査に通らなかった場合の対処法を紹介します。

審査が柔軟なカードローンの特徴

カードローンの審査基準は各社非公開なのでどのカードローンの審査が通りやすいかは判断ができません。しかし他社と比較して審査が柔軟なカードローンは存在します。審査が柔軟なカードローンの特徴を紹介します。

金利を高く設定している

法定金利の上限の利率を設定しているカードローンは審査に柔軟なカードローンと言えます。

消費者金融系カードローンの多くは利用限度額が100万円までなら金利を18%と設定していますが、中には10万円の利用限度額で20%と設定しているカードローンがあります。

このようなカードローンは審査に柔軟な可能性が高いです。審査が柔軟な理由は、金利を高く設定すれば短期間での回収が可能なためです。

利用限度額が低い

利用限度額を数十万円(50万円まで)の金額で設定しているカードローンも審査が柔軟です。

金利を高く設定しているカードローンと同様に貸付金額が低いと回収も短期で完了するから、という理由のためです。

小規模の消費者金融

小規模の消費者金融は、顧客を大手、中堅消費者金融の審査が通らなかった人をターゲットにしています

他社の利用件数が複数あったとしても、信用情報に問題がなく、返済能力があり、申込金額次第では審査が通過する可能性は十分にあります。

大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い

なぜ大手の消費者金融の審査が通らなくても、中小の消費者金融の審査は通ることがあるのでしょうか?それは審査方法が違うからです。

大手消費者金融は「スコアリング審査」という審査方式で利用者の属性や生活状況を点数化し、機械的に判断します。一方で中小消費者金融は審査担当者が自ら審査し独自の判断をします。たとえ他社の借入があったとしても「この利用者ならお金を貸しても問題ない」と審査担当者が判断すれば融資を行います。

中小消費者金融の中には利用者の人柄も審査の判断材料の一つとしている業者もあります。そのような業者は利用者と面談した上で融資の可否を判断します。

審査が甘いカードローンは存在するのか

審査に柔軟なカードローンを紹介しました。では、「審査が甘い、緩いカードローン」は存在するのでしょうか?検証します。

審査の甘い、緩いカードローンはありません

結論から言うと、審査が甘い、緩いカードローンはありません。カードローンはビジネスです。貸したお金を必ず回収しないと損失になってしまいます。返済能力のない人に対しては絶対に貸し付けを行いません。

また、いくら収入が高い人でもすでにカードローンを利用し年収の1/3以上の借り入れがある人に貸し付けを行うと違法になります。法律では利用者の借り過ぎを防止するため、総量規制により貸付金額の上限を定めているからです。このような観点からもカードローンは厳格な審査を行います。

審査が甘いと謳っているカードローンは危険です!

審査が甘い、緩いカードローンは存在しないと説明しましたが、インターネットなどでは審査が甘いと謳っている金融業者が氾濫しています。不思議に思われるかもしれませんが、これらの金融業者は正規の金融業者ではなく違法金融業者=闇金ですので決して利用しないでください。

法律では、貸し付けに関する審査の甘さ、緩さをアピールすることを禁じています。具体的には他社を利用している人に対して貸し付けを行うような、申し込んだ人全てに貸し付けを行うような、信用情報に問題がある人に対して貸し付けを行うような文言でアピールしている広告です。このような広告を出稿している金融業者はすべて違法なのです。

銀行より消費者金融のほうが審査は柔軟?

銀行系カードローンと消費者金融系カードローン、比較するとどちらが審査に通りやすいのでしょうか?

銀行系カードローンのほうが審査基準は高いと言われていますが事実でしょう。銀行系カードローン利用限度額が大きい上に金利が低く設定しているので貸し倒れのリスクは高くなるからです。

しかし消費者金融も決して緩いわけではありません。大手消費者金融のアコム、プロミス、アイフルの2020年の成約率は40~45%で、レイクALSAの成約率はおよそ30%です。半数以上の人は申し込んでも審査が通らない、とお考えください。

まとめ

基本的に審査に通りやすい、借りやすいカードローンはありません。しかし、金融会社によって審査基準の違いは存在します。自分の状況と金融会社の審査基準が一致していれば審査に通りやすくなる可能性は高くなるでしょう。

逆に、一致していない場合は審査通過率は下がります。特に、金融事故を起こして信用に傷がついている場合は、中小消費者金融以外での借り入れは不可能です。

金融会社の審査基準も重要ですが、主に自分の状況が大きく審査に影響します。金融会社の利用条件を満たしているか、トラブルを起こしていないかをよく調べてから申し込みましょう。