即日融資

銀行カードローンで即日融資の審査が速いのはどこ?

銀行カードローンで即日融資OK?審査・融資が速い銀行カードローンは

どうしても銀行カードローンで即日融資を受けたいと考えている人がいます。銀行カードローンでお金を借りることができれば金利が安く済みますし、消費者金融から借りるよりも安心できるという人が多いのです。

結論からいいますと即日融資できる銀行カードローンはありません。ただし銀行カードローンの中には、審査が早く翌日には融資できるところがあります。

ここでは銀行カードローンで即日融資をテーマにして、おすすめの銀行カードローンはどこなのか、即日融資を受けるにはどうすればいいのかお伝えします。

審査・融資が早い銀行カードローンはどこ?


あらゆる銀行カードローンを調べてみて、審査・融資が早いところはどこなのかご紹介します。

審査・融資が早い銀行ローンは?

  • 『楽天銀行スーパーローン』
  • 『三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」』
  • 『イオン銀行カードローンBIG』

当サイトで調査した銀行カードローンのなかで、審査・融資が早いところは上記になります。特にオススメの銀行カードローンは『楽天スーパーローン』で、申し込みから融資まで最短で翌日となっています。

楽天銀行スーパーローンは、実質年利が1.9%~14.5%と大手消費者金融と比べるとかなり低いのが特徴で、申し込むだけでも楽天ポイントが1,000ポイントもらえるために人気となっています。

しかも審査は他の銀行カードローンと比べて緩めになっていると評判であり、<収入のない専業主婦でもご主人の同意なくお金を借りることができます。

楽天銀行スーパーローンで、できる限り早く審査を終えて融資を受けるためには、スマホで申し込むといいでしょう。

できる限り土日は避けて平日に申し込むようにし、必要書類などはすぐ提出できるように準備しておきます。

早くお金を借りるためには銀行口座を持っておくこと

『三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」』や『イオン銀行カードローンBIG』であれば、申し込む前に銀行口座を持っておくようにします。

日常的に活用している銀行であれば、口座を開設する時間を短縮させることができますし、キャッシュカードにカードローン機能を付帯させるだけですから、早ければ翌日にはATMを利用してキャッシングすることができます。

口座を持っていないなど馴染みのない銀行では、審査にかかる時間は長くなる傾向にあります。銀行でお金を借りる場合「信用」が一番大事になります。

日常的に取引がないということであれば、その人に対する信用がありませんから、どうしても契約までに時間がかかってしまうのです。

もしも当サイトでご紹介している銀行カードローンにおいて銀行口座を所有していないのであれば、普段からお使いの銀行においてカードローン商品を利用してみることも一つです。

審査の流れをしっかりと把握しておこう

銀行カードローンにおいて、できるだけ早く融資を受けるようにするには、審査の流れをしっかりと把握しておくことがいいでしょう。

銀行でお金を借りるには「信用」を得なければなりません。私たちが銀行で信用を得るのは「必要書類」でしかありません。

必要書類が一つでも欠けている場合は、確実に審査が遅れます。あなたにどれだけ安定した収入があるとしても、まずは事前にどのような書類が必要になるかを調べ、それを揃えてから申し込むようにしなければなりません。

また最近では、インターネットからの申し込みが一番早く審査が受けられるようになっています。

楽天銀行スーパーローンのようにインターネットからの申し込みで全てが完結できるようなところであれば、 すぐに審査を始めることができるのです。

【結論】銀行カードローンで最短は翌日融資

冒頭にも申しましたが、結論を言いますと銀行カードローンで一番早くお金を借りることができるのは翌日です。即日融資することはできません。

銀行カードローンで即日融資はできない!最短は翌日融資!

あらゆる銀行カードローンを調べてみましたが、最短でも翌日融資、多くの銀行では早くても審査に3日程度必要になっています。中には融資を受けるまでに、2週間程度必要な銀行も珍しくありません。

そのような状況がありますから、先ほどご紹介した銀行カードローンはかなり早く審査を行い、融資を受けることができるといえます。

必要書類を揃えて、平日の午前中にはインターネットから申し込むようにするといいでしょう。

銀行カードローンはなぜ即日融資できないの?

どの銀行カードローンにおいても、2018年以降は個人向けの融資については、即日融資の取り扱いをやめています。

以前、銀行カードローンが暴力団員など反社会的勢力に対して融資していることが問題となったことがあり、現在は申し込んだ人の情報を警察庁に照会しなければならないようになりました。

警察庁に照会するにはある程度の時間を費やすようになってしまい、どうしても融資審査に時間が必要になってしまったのです。

また金融庁は銀行カードローンを利用した人の自己破産が増えたことに着目して、銀行カードローンの審査体制が不十分であるとしました。

そのような経過もあり、申込者に対する審査については入念に行わなければならないようになったことも、即日融資ができなくなった理由の一つです。

どうしても即日融資が必要なら「大手消費者金融」へ

銀行カードローンについては即日融資することができず、場合によっては申し込んでから融資を受けるまで2週間程度必要になることもあります。

どうしても即日融資が必要であれば、大手消費者金融に申し込むことがいいでしょう。

即日融資が可能な大手消費者金融は?

『プロミス』『アコム』『アイフル』『SMBCモビット』『レイクALSA(レイクアルサ)』といった大手消費者金融では即日融資が可能となっています。

上記の消費者金融においては、審査は最短の『レイクALSA(レイクアルサ)』であれば15分となっており、融資までの時間は最短で1時間となっています。審査可能な時間までに契約手続きを完了することができれば、土日においても即日融資が可能です。

スマホアプリが用意されている消費者金融が多くなっていますが、「Web完結申込」であれば必要書類などの画像をアップロードするだけですので、来店する必要がないだけではなく電話や郵送などの必要もありません。

早いというだけではなく利便性においても高いといえるでしょう。

大手消費者金融のサービスは審査・融資スピード、利便性がウリ

即日融資にこだわるのであれば、大手消費者金融に申し込むことがいいでしょう。安定した収入があり、必要書類など不足なく揃えられるのであれば、最短でお金を借りることができる可能性が高くなります。

どの大手消費者金融のサイトを見ても、審査の手軽さ、融資までのスピード、コンビニATMの活用など、利便性をウリにしているといえます。大手消費者金融のプロミスであれば、セブン銀行ATMを活用すればカードなしでも振り込みは返済をすることができます。

スマホに専用アプリをダウンロードしておけば、すぐに申し込みをすることができます。セブン銀行ATMはセブンイレブンに行けばどこでも設置してありますので、利便性が高いとうえるでしょう。

「最大30日間利息ゼロ円」を活用すれば

大手消費者金融であれば、初めて融資を受ける場合30日間利息ゼロ円でお金を借りることができます。このサービスは大いに活用すべきです。

銀行カードローンにこだわる人は、「金利が低い」「安心して借りられる」という理由を挙げる人が多いですが、利息ゼロ円期間を活用すれば実質大手消費者金融の方が返済額を安くすることができる可能性もあるのです。

また消費者金融といえども、今は銀行系列になっているところがほとんどです。

例えば『アコム』は三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融ですし、『SMBCモビット』はSMBCグループの消費者金融です。『レイクALSA(レイクアルサ)』は新生銀行カードローンの消費者金融となっています。

そう考えてみれば大手消費者金融において、安心してお金を借りることができるのではないでしょうか。

即日借りられる消費者金融一覧表

当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込

「※当社調べ」